アシアト。

心の赴くままに

「滝沢歌舞伎ZERO」

 

滝沢歌舞伎ZERO』千穐楽おめでとうございます☃️🌸

 

私が観劇したのはラウール入所記念日でもありました!おめでとう!!🎊もっと早く記事かこうと思ってたのに気がついたら2週間以上経ってた、、おそろしや。

今回初の二階席で自分のチケ運のなさに悲しくなりましたが、全体見やすいし思ってたより近い!ただ私の席が花道の真上で、前の人が前のめりで見たために阿部太夫の登場が全然見えず!!!まじ観劇マナーは守ってください😭😭*1

 

以下感想です。全体を通してカッコイイ連呼してます。語彙力がないのはご容赦ください、、

 

 

【第一部】

1.オープニング『ひらりと桜』

WITH LOVEのインストゥルメンタルがだんだん大きくなってひたすら高まる。舞台とかで始まる前に暗転して曲流れるのすごく好き。桜の精的な演者さんが出てくるところからスタート。幕にプロジェクションマッピングSnow Man(他の出演者の名前があったかは定かでない)の名前が立て続けに出てきて、「Snow Manが座長だから!!!!!!主役だから!!!」って主張がすごい。黒字に白フォント(確か)だけなのに名前が映えてるSnow Man

そして岩本さんのよーいやさ。やっぱり姿形がめちゃめちゃカッコイイんだなあ〜〜!

曲が始まると同時に大量の花びら。テレビで何回も見たあの映像のままだったけど、何回見てもすごいなって思う。花びらで演者全く見えないとか前代未聞じゃない???確かどこかのタイミングで阿部くんの口に桜の花びら入りそうになってたんだけど、華麗に取ってて感動した。デキジュ!!

 

2.挨拶

岩本さんが一人前に出て挨拶。「我らSnow Man『岩』をも削る清流は 『深』い深い年月を刻み 澄み『渡』った泉へと流れて 寥寥(『亮』)たる*2荒波に立ち『向かい』 『涼』しげな『蓮』の花が咲く(『佐久』)ほどにその花びらは舞い(『真』)誇るでしょう」ってところで号泣。Snow Manよく挨拶とかメッセージでメンバーの名前入れてるイメージあるんですけど、これ系全部泣けちゃう。サマパラの「『深』い愛をいつもくれる皆のことが『大』好き どんな時『だって』地『平』線の向こうに『翔』けていく太陽のように 皆のことを『照』らせますように…」も好きです。スノドリはいつも涙腺やばいです。Snow Manすぐ泣かせるんだから、、!(私が涙脆いだけだと思う)そんなとこも好き!!!

 

3.組曲

ROTで見てた動きがめちゃくちゃ激しいやつ。和の音楽×洋のダンスっていいですね。桜の精的な方が2階下手のとこに座って見てて、演者がそっちの方見ながら最初苦しそう?に踊ってて、これはどういう背景があってなんだろう…ってずっと思ってました。そして最後の最後に全員で雷音と共に倒れるのが特に印象的で、思わず呼吸するの忘れるほど。素人目でも大変なパフォーマンスなのがよくわかる。

 

4.殺陣(モノクロ)

花道に出てきた影山くんのセリフがかっこよすぎたので正確なセリフを誰か教えてください〜!そしてステフォ買えばよかった。後悔の極み。

あべVSさくとか、だてVSなべなのエモエモだった。佐久間さん黒なんだけどちょっと悪い感じの微笑みしてて好き、、、深澤さん途中ヤンキーみたいな印象を受けたんですけど超かっこいい。あと途中阿部さん強すぎて惚れた。

戸板倒しは見るからに危険だし、無音で余計に緊張したけど阿部くんの真剣な顔は本当に綺麗でした。美。絶妙な力加減、バランスの違いで成功か失敗か決まっちゃうんだろうな。高いし怖いだろうなって思うけど実際どうなんだろうか…🤔

 

5.変面

私の中で変面というと歌舞伎のやつより関ジャニ’sエイターテインメントで丸ちゃんがやってたやつの方が印象に残ってて。全然違うのに(笑)殺陣の余韻に浸る間もなく突然中国に飛ばされた感じがしてびっくりしましたが貫禄があった(特に岩本さん)。最後マスク取ってお辞儀するのいい!!!

 

6.Maybe

やばいと噂のMaybe。まず個人的にあべふかはSnow Manの中で好きなコンビ一二を争ってます。リア恋枠。その2人がデュエットとかチケ代実質無料。で、ラウール(白)と佐久間さん(黒)とダンスが息を呑むほどの美しさと切なさと愛おしさで溢れてる。混ぜるな危険みたいな愛情表現が感じ取れたのは私だけ…?最後佐久間さんが椅子を若干引きずりながら苦しげに持ってはけた後、曲終わりでラウールがバタッとステージ中央に倒れるのが印象的だった。突然「終わり」を押し付けるスタイル狂気的で好きです(語彙力)15歳の表現力恐るべし。

 

7.バラード『My Friend』

歌舞伎初日レポでゆり組〜!!!ってめちゃくちゃ騒がれてたやつ!!!あとROTで見た!!個人的に、自分の耳が音程は取れるけど歌詞聞き取るの苦手で、途中全然歌詞分からなかったのが残念。渡辺さんがわりと終始目を閉じがちで歌ってて、いろんな感情がきっと彼の中にはあるんだろうなって思いました。舘様のキューブフライング?はとにかく姿勢とか表情とかキリッとしてて綺麗。

 

8.太鼓

2階下手だったので影山くんとりあえず見てた。上手は横原くん。割と距離あるから音合わせるの絶対難しいだろうな。頑張って欲しい!!!阿部くんの太鼓、途中しんどそうで見てるこっちもしんどくなったよ…深呼吸してるの見て自分も深呼吸した。ちらっと視線を逸らすと涼しい顔の岩本さんが見えて、思わず筋肉オバケだ…(褒めてる)って思った(小声)メカに関しては本当によくこんな発想するよなって思ったんですけど、あんなすごいパフォーマンス見てたら普段の自分のしんどさなんてミジンコ程度じゃんって思っちゃう。もっと頑張れ自分。って思わせられました。

 

9.DANCE『Make It Hot』

衣装がカラフルでかわいいのに振り付けがエロい。ただput your hands upじゃなくて、ぷちょへんざにしか聞こえないのがなんか可愛らしいなと(笑)五関さんありがとうござぃす。

 

10.滝沢一座「時の架け橋」

Snow Manのお化粧も見ながらだったから、目が足りないって本当に思った。阿部くんを中心に、康二くん渡辺さん(阿部くんの隣)とたまに佐久間くん(同じ女形だけどなにか違いはあるのか気になった)を見てたんですけどまじ化粧めっちゃ早い。てか康二くんがお化粧終わったあとに渡辺さんになにか話しかけて、めっちゃ渡辺さん笑ってたんだけど何話してたんだろう(笑)

ここは弁慶の影山くんと、牛若の佐藤新くんが大勝利。令和はこの2人にも注目していく所存です。よろしくお願いします。いやあらたくんお顔がかわいすぎない??????フライングちょっとおぼつかない感じがしたんですけどそこも含めかわいくない???前髪の上げ方好き。ISLAND TVはサラストだったから歌舞伎スタイルなんだろうけどまたどこかで見たい。ふっか部屋やってくれてありがとう。是非第2弾も。

そして影山くん。「999本…悲願である1000本の太刀まであと1本じゃ。」の声がまじでいい。観劇後にISLAND TVと昨年の歌舞伎DVD見まくってるんですけど、もしかしてこれは沼なんじゃないか…。

一応観劇前にも昨年の歌舞伎見てたから、今年も林くんの時の架け橋が聞けたのかなり嬉しかった!他の舞台も見に行ってみたいな、、!DVD絶賛リピ中です。

 

11.滝沢歌舞伎

「五右衛門ZERO」

最初に岩本宮舘目黒の御三方が見得を切るのは鳥肌モノ。あと「いわもとぉぉ!!」って大向こう聞こえたの最高だった。あれ毎回あるのかな…??

ものすごい個人的な話をしますと、松井奏くん密かに気になっていたので無所の子たちもちょくちょく見てました。

「桜の舞」

阿部太夫に一目惚れだよ。かわいいよ。どっちかというとさく姫の方が可愛い!って感じだけど阿部太夫は儚い感じのかわいさそして美しさ。渡辺さんまじで両手に花じゃん…。さすが色男。

「総踊り」

阿部太夫しか見てなかったんですけど、みんな笑顔でなんて幸せな…。きっといろんなプレッシャーあったと思うんですけど、みんな貫禄あって本当にカッコイイの一言に尽きる。

 

【第二部】

「満月に散る鼠小僧〜望んでいたのは笑いあり、涙なし〜」

 

まあそりゃタッキー出ないんだから鼠さんがいなくなる設定しかないわ。最後の方?に鼠さんのシルエットが演舞場の上の方に現れるシーンめちゃめちゃかっこいい。

 

お丸のスピーチは毎回レポで見ていたし喪服のステフォ出てたから予想は出来てたけど想像以上に面白かった〜!お丸ちゃんのオーバーリアクションすごいクセになる。みっちゃんに竹馬やりましょうって言ってたんですけどできたのかな?笑

あとこの時の後ろの参列客の面々を見るのも楽しい。横原くんとか松井くんの方を結構見てたのはここだけの話(小声)

 

鼠さんがいなくなっただけであんなにも岡っ引きたちがやる気をなくすのかと思ったけど(突っ込んでは行けない)舘様演じる徳俵さんがやけくそな感じでリアフェ入れてくるの結構ツボだった笑

 

新吉さんは鼠を引き継ぐか悩んでる時に歌ってたのがすごく印象的だった。めちゃめちゃかっこいい。お丸さんに筋肉筋肉プロテインって言われてるの面白い。笑

普通に設定として、あんなに堂々と二代目鼠になるって言っちゃって大丈夫なの?とは思ったけれど()

 

官兵衛半兵衛はハマりすぎ!!!康二くんの悪役好きなんでひたすらによき。少年たちの看守みたいだなってちょっと思った。目黒くんのすぐ人殺そうとするのまじでゾクゾクするから今後も似たようなの待ってます。好き。

 

以蔵は新吉側につくって決めた後に、ハシゴに登ってキメるの本当に感動した。高さあるしめっちゃ怖いしかなり危険なのにあんなに堂々としててひたすらに素晴らしかった。年下とは思えん…。

 

レポ読んでから楽しみにしてた金さん銀さん!!!あの兄弟かわいすぎないか。僕に身を委ねて…を渡辺さんに言わせようと思いついたのまじで天才。小判を数えてる暇があったら一緒にお勉強しよう……があんなにエロいとは思わなんだ。あと金さんがなにか気配を感じる〜って後ろ振り向く時に銀さんも一緒に振り向くとこがわたし的には一番可愛かった。

 

私が1番気にしてた「あべぞうが猫か犬か問題」。令和になったら急に犬になったという衝撃のレポを読んで、これはこの日だけなのかそれともこれからあべぞうは犬なのか。あの見た目は犬でも猫でもなくコアラだぞ。てかなんで犬??って悶々としてました。笑

二階席に出てきて「れいワンっ🐶」ってやるのあざとかわいかったから全て許せる。そのあとの金さんのセリフ「えぇ〜平成は猫だったのに令和は犬なのぉ?昨日だけじゃなかったんだ…あっみんなすごいメモ取ってる……ネタバレ禁止〜〜!! ネタバレ。ダメ、絶対!」ってのはマジで笑った。

 

面白かったところ、かわいかったところを挙げたらキリがないぐらいなんですが、終盤の水の量に圧倒されすぎていろんな記憶がふっとびました(笑)基本あべぞう見てたんですけど水吸ってめちゃめちゃ重そうだった。みんなが順番に決めてくのすごいかっこよかったよ〜〜〜〜〜〜〜〜

 

終わってからWITH LOVE歌うのは泣いちゃうよ〜〜〜〜〜〜知ってたけど!ソロパート繋いでいくの何回でも聞きたいからはやく円盤化お願いします🙇🙇🙇🙇

 

 

1回しか観に行けなかったのが惜しすぎる。何回でも見たかった。もっと近くで見たかった。Snow Man超かっこよかった( ;  ; )これからの活躍に期待してます!!!!!!!!!最高!

 

【追記】

ISLAND TVで無所の動画がめちゃくちゃ更新されてて歌舞伎ロスが尋常じゃない。谷村くんの動画毎回最後が雑に切られてて面白いからもっと見つかって〜!!!!

 

 

 

 

 

*1:幕間で言ったから2幕のあべぞうは見えたけど太夫見えないのはかなりしんどかった…もっとしっかりアナウンスしてほしかった、、

*2:*6/2追記*これ瀏亮(りゅうりょう)たるな気がしてきた。瀏亮…音などが澄んでよく聞こえること。寥寥…もの寂しいこと。数が少ないこと。

「クラッシャー女中」

 

実に一年半ぶりの倫也さんの現場。

圧倒的に若い人が増えててびっくりしました。同世代なんか今まで見たことなかったぞ…😳

今回は倫也さんは言わずもがなですが、麻生久美子さんの演技も楽しみで。3年前に「同じ夢」という舞台で見たことがあったんですが、めちゃくちゃ暗いシーンばっかりだったので…この「クラッシャー女中」は明るいところも見られるかなと!時効警察大好きなので、密かにあんな感じを期待していた!!!そして今回も趣里さんが出演ということでまた違った姿が見られると✌✌

そして演出の根本宗子さん。「皆、シンデレラがやりたい」がすごく話題になってたし、いろんな方のインタビューで名前が出てたので一度作品を見てみたかった!

 

 

【あらすじ(パンフレットより)】

世界的な画家であり、大富豪の小笠原義一の息子・義則(中村倫也さん)は、大人気のデザイナーとして、成功を手にしていた。屋敷の主人・義一はすでにこの世にはなく、今ここには、彼の母親・和沙(西田尚美さん)と二人の女中(佐藤真弓さん、根本宗子さん)、また彼の幼馴染で孤児の華鹿男(田村健太郎さん)という男の子も養子として住んでいた。義則は、彼の好みの女性・静香(趣里さん)を婚約者としてこの屋敷に迎える。彼女はゆみ子(麻生久美子さん)という女中を伴っていた。この2人の女は、実はそれぞれにある企みを持ってこの屋敷に入りこんできていたのだが、彼女たちの出現によって隠された真実が次々とあらわになり、彼女たちの仕組んだ罠が、義則の底知れぬ欲望と悲しい過去が、思わぬ事態を招いてゆくーー。ある屋敷を舞台に繰り広げられる女と男の対決の物語。

 

 

【感想(あらすじ付け加え含む)】

公式サイトのあらすじ*1だと、ゆみ子が屋敷に潜入したのは「お金持ちになりたい」とあったが、実際はそうではない。むしろ、義則と同じ小学校で帰ってる姿を見ている=ゆみ子も港区(あるいは近いところ)に住んでるわけだからそこそこの金持ちじゃないとおかしい。ちなみに幼馴染の華鹿男の1番のおしゃれ着がしまむらのポロシャツであることも疑問。*2まあそこは今回あまり関係ないので胸の中にしまっておきます。

実際どうしてゆみ子が潜入することになったかと言うと、端的に言えば「愛情の歪み」から。ゆみ子は小学生の時に色々あって、好きだった義則の記憶から自分の存在が消されてしまう。そこで大人になってから義則の周りを密かに壊していき、義則に心の支えが必要になったところで自分が手を差し伸べるという欲望を果たすために潜入したのだった。

一方の静香。こちらも「金持ちになるため」ではなく、「両親を殺し、自分も死んだものとみなした挙句、兄の華鹿男を養子として都合よく奪った小笠原一家への復讐」のためだった。

両親が殺されたおおもとの原因は義一の才能を義則が受け継がなかったことだ。義則の母・和沙は、義則に才能がないことを悔やみ、夫の義一に「あいつ(義則)は一人っ子で刺激がないからダメなんだ」「子供産めないなら絵のコンクールで入賞した幼馴染の華鹿男を養子にするしかない」「家に火つけて家族みんな焼き払って、親友の家が放火にあって親友が孤児になったっていうものすごい衝撃をこいつに与えるんだよ」と言われ、精神的に追い込まれた結果、放火して静香の一家を焼き殺してしまったのだった。

小笠原一家に潜入したいという共通の目的を持ったゆみ子と静香は意気投合する。静香を義則の好みの女性(色が白くて、背が小さくて、目が離れてる女の子←ゆみ子は背が大きいのでこの条件は満たせない=一生好きになってもらえない)に近づけることで潜入しようとしたのだった。

すぐに義則に気に入られた静香は早速復讐を始めようとするが、屋敷にいたのは精神的に不安定になった和沙の姿。復讐心を燃やし続けた妹の静香(実の名前は乃絵瑠)に困惑し、和沙の元へ行ってしまう華鹿男の姿だった。実は和沙をこの状態にさせたのは、ゆみ子だった。

ゆみ子の計画通り、義則のデザインはすべて自分がやったと暴露する女中(実は彼女のデザインも最近はゆみ子が行っていた)。暴露される義則。華鹿男の態度に呆れ、復讐が失敗に終わり絶望する静香。「義則が好き」という愛情の歪みが人間関係を壊していったーー。

 

 

公式で発表されてた前情報と、あらすじ・キャラ設定が微妙に変わってることなんてまあよくある話なわけですが、「静香がお嬢様に、ゆみこが女中になりすましてお屋敷に潜入し人間関係クラッシュ」ってとこしか同じじゃないじゃん(笑)ってなりました。あんまり読み込むのもダメですね…

物語の始まり方が趣里さん、田村さん、根本さんの3人がだべってる所から始まるのがかなり斬新!…だけどちょっと長すぎる気もした。節々に「登場人物の顔が変わらないのは演劇の嘘です!」とか「役者は若い頃を演じる時になぜか声を高くします」などなど演劇ネタが盛り込まれてたり、物語中盤に通路でお芝居しはじめたり(佐藤真弓さんの演技は圧巻でした)があったのはすごく面白かったです。あと最後、人間関係をクラッシュさせたゆみ子に対してキャスト達がひたすら物音(=クラッシュ音)を立てるのが印象的だったんですが、まあセリフが聞き取りづらかったのが残念でした。せっかく麻生久美子中村倫也の二人のお芝居なのに勿体ない感じが否めなかった…(東京中日はかなり騒がしかったですが、東京千秋楽ではちょっと落ち着いていたので地方公演がどうだったかは分からないですが😥)

1回目見た時お話が合わなかったのですが、2回目見た時に数々のセリフの本当の意味、役者さんの動きの意味がようやく分かってスッキリしました。私の理解力の問題…(笑)

倫也さんについて言うと、歌もあるし、小学生時代のかわいい面もあるし、暴力的な一面もあるし、エリートのかっこいい面もあるしで一石二鳥どころか三鳥、四鳥ぐらいありました!麻生さんはドラマ「時効警察」の三日月さんがエスカレートしすぎた感じが多少の気持ち悪さもあってよかったです(いい意味で)。

チケット激戦の演目でしたが見られて良かったです!

*1:幼少期、驚くほど貧乏だったゆみこ(麻生久美子さん)。彼女は母の再婚相手の子供、静香(趣里さん)と「貧乏なんてこりごり、絶対金持ちになってやる。」という誓いを立てる。

長じて、二人はとある屋敷に居た。静香はこの屋敷の息子・義則(中村倫也さん)の婚約者として。ゆみこはこの屋敷の女中として。

屋敷の主は義則の母・和紗(西田尚美さん)。和紗は息子を溺愛し、自分の理想の男性として育て上げた。義則は和紗の期待通りの完璧な男性を演じているが、そのストレスを使用人たちにぶつけて疎ましがられている。

「金持ちになる」という夢のために静香を「お嬢さん」に仕立てて、まんまと屋敷に潜り込んだゆみこ。しかし、「育ちのいいお坊ちゃん」という仮面の下に、底知れぬ本性を隠し持っていた義則によって、二人の計画はねじれ、思わぬ方向へ暴走し始める。しかしそれはすべて完全に何かがぶっ壊れていたゆみこの欲望が原因だった。

やがて屋敷の人々の欲望があらわになったとき、ゆみこと義則を中心にして、人間関係のクラッシュが始まる――。勝つのは女の欲望か、男の欲望か。

*2:幼馴染ってことは近くに住んでるよね??そうだったらそこそこどころかかなりの金持ちじゃないと港区住めないよね?いくら家がチョコレート屋さんだとはいえ、ちょっと設定に無理ある気がするのは私だけ…?

「雪 Man in the Show」

 

横アリ行ってきました!!!!!!!!!

 

よく考えたらこのブログでライブの感想書いたことなくて、読みやすい形式がいまいち分かってませんが悪しからず。

 

☆セットリスト

1.ZIG ZAG LOVE / Snow Man

最初の映像見て始まるんだと実感。やっぱり始まる前のあのドキドキ感はいいな!そこからのZZLはテンションMAXで阿部くん見た時にカッコよくてなんだか泣けてきた。新衣装すごく好き。王子様みたい〜!

2.MANIAC / V6

曲がめちゃくちゃ好きで、関西が歌ってたのを秋ごろ見まくってたので、すのが歌ってるのすごく新鮮だった。何度も言うけど曲がいい。スバラシMANIAC!!

3.BEAT OF LIFE / V6

JIGGA JIGGAの岩本さんやばないか。あと曲めっちゃカッコイイんだけどa one, a two, a three five fourの阿部くんの動きはかわいいって思った。

4.自己紹介ラップ

ここはダントツでベネズエラってどーこ?の阿部くんが優勝。え??絶対わかってるよね??ってとこまで含めて優勝。順番的に仕方ないんだろうけどちょっとあざとい。

5.Party! Party! Party! / Snow Man

岩本さんが一番最初に指でP作るのすごい好きなんでしっかり目に焼き付けました。あと阿部くんがアドレナリンって言うの(というか理系の用語言うの)キュンとくる〜知ってたけど〜!!!

6.Sexy.Honey.Bunny! / V6

オーエオエオー楽しいな。V6の曲基本的に知らないからSexy!!でセクゾの曲なのかな??ってなってたごめんなさい…(笑)

7.グッデイ!! / V6

ペンライト横振りを求められた時にこれぞライブ!!!ってなった曲。Brand new day=新しい一日、素敵な明日なのは心に染みる。

8.メクルメク / A.B.C-Z

はっしーのサマパラ行くにあたって聞きまくったA.B.C-Z。私の曲の好みに合ってるんですけどメクルメクのジャズ?ビッグ・バンドっぽいところどストライクなんです!!大好きなんです!!見られて嬉しかった( ;  ; )

9.Don't Hold Back / Snow Man

少年たち見に行けてないので初めて見たんですけどカッコイイ!この曲調好き。エイトの「浮世踊リビト」みがあると勝手に思ってる。

10.蜃気楼 / Kis-My-Ft2

めちゃめちゃ魅せる曲だなと思ってたキスマイさんの曲だったとは。Jr.はキスマイの曲やりがちと勝手に思ってる。確かにカッコイイ。ただ、行かないで 蜃気楼 蜃気楼 Please don't go…の歌詞には申し訳ないけどちょっと笑いそうになった、、言ってること同じじゃん…

11.Boogie Woogie Baby / Snow Man

黄色の衣装じゃない〜( ; _ ; )となりながらも、やっぱりブギウギ好きです。歌舞伎でカッコイイってなった私の中で思い出の一曲。

12.恋のABO / NEWS

カラオケで聞いたことある!!!めっちゃ盛り上がるやつじゃん!!!!ってタイトル気づくまでは早かったんだけど、振り付けは知らなかった、、一緒にやれたらもっと楽しかったはず、、

13.ズッコケ男道 / 関ジャニ∞

元eighterとしてはエイトの曲をJr.が歌ってるのを聞くとすごく嬉しくなる。去年までLove−tuneぐらいしか歌ってる記憶(イメージ)無かったから余計に。ズッコケのC&Rってやっぱり楽しい。

14.ずっとLOVE / A.B.C-Z

サマパラで唯一分かった曲〜!!!ちょっと振り付け知ってたから楽しかった。ラウールが曲フリで僕の好きな曲です〜って言ってて沸いた。

15.ファイトソング / 嵐

個人的に、大事な本番の時、友達が送ってくれた動画がこの曲でした。何度も助けられたから、Snow Manが歌ってるの聞いて泣きそうだった。とくに目黒くんの「今は悩むこともあるでしょう」は泣いた。

MC

ラウールがTDCに出るということでモデル風にランウェイ歩いてるSnow Manめっちゃいい。カッコよくもあり、かわいくもあり、笑いも取れる。バランスいいな〜!!!あと9人横並びが一度真ん中にぎゅっと集まったのがかわいかったです。康二くんがんばれ。

16.VI Guys Snow Man / Snow Man

9人でVI Guys Snow Manって言うと思ってなかった。今回のライブで印象に残ったアクロバットがここぐらいしかない、、もっと見たかった😣😣

17.少年たち映像

映画冒頭とほぼ映像同じでしたね。SixTONESSnow Manのテロップデカイなって思ってる(笑)

18.ディア ハイヒール (渡辺×向井) / 中島健人

すみません元の曲知らなかったけどケンティー作詞なんですね。ひとことだけ言います。天才か。

19.ドラマ (阿部、ダンス佐久間) / 戸塚祥太

リアコが加速した。あべさく!!!!圧倒的に目が足りなかった。ダンスっていうか途中のアクロバット??すごい見たかったけど、ギター持ってる阿部くんをどうしても目に焼き付けたかった。1番最後の音(実音でレラーってやつ)聞いた時に胸がきゅんってした。恋のコードだと錯覚した。むりしんどい。

20.アイシテモ (岩本×目黒) / KEN☆Tackey

見てて安心感しかなかった。スタイルおばけじゃん。高身長イケメンすばら。

21.秒針 (宮舘) / 山下智久

舘様の世界観。目をレースで覆っちゃってるのがまあエロい。18禁って感じ。

22.Shelter (ラウール) / 坂本昌行

後ろ姿だったからモニターでしかよく見えなかったんだけど本当に15歳!?ってなった。華があるし何よりも映える。

23-a みたらし団子は蜜の味 / お丸

横アリに来てくれてありがとう。5月に見られるのを楽しみにしています!!!って感じ。お丸ちゃんのステフォ買えばよかった(笑)

23-b 逆転ラバーズ (深澤×佐久間)/ KEN☆Tackey

踊れたのが楽しかった!!!曲は明るいけど、このふたりが歌ってるのエモエモじゃん。

24.∞SAKAおばちゃんROCK / 関ジャニ∞

パーマのおばちゃんで出てきた時にちょっと察したけど、本当にやると思ってなかった。本家エイトが生でやってるの見たことがなかったからなんか複雑だけど(笑)ティッシュ配るのいいっすね。

25.背中越しのチャンス / 亀と山P

最後の方でいわあべ(多分)がめちゃくちゃ顔見合わせててかわいかったです。いわあべめめスタイル良すぎた。

26.Happiness / 嵐

阿部くんが楽しそうだったのがすごく印象的。盛り上がるよね。

27.夢物語 / タッキー&翼

タキツバ〜〜曲は知ってるけどこちらも振り付けできないんだよなあ。もったいないぞ私。スタンドマイクで歌うSnow Man好きなので今後も取り入れて欲しいです。よろしくお願いします。

28.FREEZE / Kis-My-Ft2

サマパラ懐古厨なので嬉しかった。ひたすらにカッコイイ。最後のポーズ辛そうだけど美しくて好きです。

29.Make It Hot / Snow Man

ようやく聞けた!サウンドがカッコイイ。もうすぐ少クラでのパフォーマンスが見られるのでリピる予定。楽しみー!

30.朝焼けの花 / Snow Man

そんなエモい歌い方されたら泣くしかないじゃん〜〜〜スノドリのアンサーソングって言われてたけど確かにそんな感じ。でも裏を返せばスノドリに取って代わる曲になるってことだよね。それは悲しい。

そして深澤さんの「Snow Manでいることに人生をかけました」ってRide on timeでも聞いたような言葉だったけど、あの時の空気は絶対に忘れない。改めて胸に刺さった。あと佐久間くんの「Snow Manは一歩一歩の歩みが思いグループなので」ってところで涙腺が崩壊しました。私は新規で過去のことなんか全然わかってないけど、確実な一歩をこの人たちは踏みしめているんだろうなと思っています。

En-1 Lucky Man / 嵐

初めて聞いたんですけど、Manってひたすら叫ぶのちょっと面白かった(笑)

En-2 ラブ・スパイラル / タッキー&翼

ここのペンライト横振りも楽しかった。みんなファンサしてるのを遠目に見てた悲しいところでもある(笑)

En-3 Acrobatic / Snow Man

やっぱりAcrobatic楽しい!開いて閉じて開いて閉じて描いて〜イケメンは最高で最強。歌舞伎見てから少クラのAcrobatic見て惚れ直したところあるぐらいこちらも思い出の一曲。

 

高校生にして一人参戦は悲しいものがあったけど、来てよかったって思えるライブでした。風船遠くから眺めてるのは悲しかったけど!!!!!!

滝沢歌舞伎も楽しみにしています!きっともっとカッコよくなってるんだろうな!!!!!!!!!頑張って下さい☃️🌸

未来に乾杯

今日でSnow Manの横アリから一週間経った。VS嵐、Mステ等々のすのまん春の地上波祭り、そして映画「少年たち」も見に行って幸せなことだし楽しかったんだけど、さすがにこの一週間かなり疲れた。日曜だしってことでベッドの上で溜まってたYouTube見て、舞台挨拶のレポみてニヤニヤして、まいジャニ見ながら遅めのごはん。風雅くんは今日も可愛いな〜って思ったらるたこじ卒業に泣かされるお昼。オタクしてるな〜って思ってたら大晴担からのLINEでAぇの追加公演を知る。なんて幸せなんだ。NO Johnnys NO LIFE.そいえば今日春松竹の千穐楽じゃん!って気づいてレポを読みました。

 

びっくりした。

関西アイランドをFunkyの7人で歌ったこと。大吾くんがバンバンで歌詞を変えたこと。

みんな号泣してたこと。

別に朝田担なわけじゃない。でも、スルーせずには、自分の気持ちを書き留めておかずにはいられなかった。単純に彼の顔と、ちょっといじられキャラな所が好きだった。キツネのポースする時の指も綺麗で、シュッとしてる所が好きだった。Jr.大賞「いちばん美形」は、いつも迷いなく朝田くんにしてるぐらい。全然買う予定なかったのに、Wink upの制服男子図鑑で書店員やってたのがどストライクで衝動買いしたのをすごくよく覚えてる。Funkyで丈橋と同じぐらい最強のシンメが今朝だと思ってるから、アイスクリームやったって知った時は悶えた。こう考えると、私ってまだFunky8の亡霊なんだなって思う。

去年のちょうど今頃は、友達に心配されるぐらい不安でたまらなかった。夏戻ってきた時は安心したし、辞めてなくてよかったって本当に思った。

今江くんが辞めそうになった時、止めたのは朝田くんなのに、朝田くんが先にいなくなっちゃう。本当の本当にFunky8が終わってしまう。どう頑張っても同じ舞台上には乗れない現実。かんじゅ日誌の写真がなくなり、公式プロフィールのページが無くなっててもうため息が止まらない。そろそろ幸せ逃げちゃいそう。ただただ悲しい。

まだ何も始まっちゃいないから、この先に明るい未来を見出すことしか私にはできない。

今日からが完全なる新体制の関西Jr.だと思う。応援することしかできないけど、少しでも力になれたらいいな。

朝田くんの未来に乾杯🥂✨

短い時間だったけど、笑顔をありがとう🦊💙

デジチケ公演に一般のチケットで入ってみた

 

Snow Man横アリ単独に行ってきた。

 

これまた情報局にはご縁がなく、一般発売にかけることにした。

発売日にスマホと家電でかけ続けたら、まさかの28分後に繋がる。予想外すぎたので日程をよく考えず「行くなら初お披露目の24昼!!!」という勢いでチケット取ってました。後になって考えてみると、学生生活の一二を争う重大イベント、部活の引退前日にも関わらずよく昼公演取ったなと。後悔はしてない。

 

デジチケになってからどうやって入場するのか??というと、


f:id:blood-bamboo86:20190324231719j:image

いわゆるぴあのチケット(コンビニとかで発券されるやつ)の左側にあるバーコードを係の人に読み取ってもらって、レシートみたいなやつ受け取って入場。だからデジチケ組と入るとこは同じ。ちなみにこのぴあ券は回収されてしまいます。

GR8EST大阪でも一般のチケットで入りましたが、全くおなじ流れでした。

 

で、一般発売で取ったチケットは良席なのかというと今回は天井。スタンド最後列。スタトロが一回通ってあ〜かっこいい〜って思ったらもういなくなってた。悲しい。ただ、後ろに誰もいないからペンラ振りやすかったし、落下物争いの心配しなくていいし(射程範囲外すぎて論外)気楽に楽しめる席ではありました(笑)

確かにGR8ESTの時も後ろの方の外野だったなと思うと、ジャニーズ枠(JFC、情報局)の方がいいに決まってる。でも入れなくてうずうずするよりは遠くても同じ空間にいられる方が幸せだなあと思います。

 

ライブの感想はまた今度!

以上!デジチケ公演に一般のチケットで入った話でした!

「スケリグ」

千穐楽おめでとうございます🎉

 

 

舞台「スケリグ」を観に行ってきました。

まず私が想像してたスケリグのイントネーション間違ってたことに現地で気づいた。ス(→)ケ(→)リグではなくス(↓)ケ(↑)リグなんですね。Skelligのeにアクセント必須。

会場のDDD青山クロスシアターはジャニーズがよく出演しているのでずっと前から存在は知っていたもののどこにあるのか、どんな劇場なのか知りませんでした。まさか自分が普段通ってる道の少し先にあるとは思わなかった。びっくり。

階段を下りて、入口で半券をもぎってもらうとすぐ左手にチケット受付(ぴあとかの当日券、見切れ席対応スペース)、正面にグッズ販売(今回はパンフレット、原作本、Tシャツ)、その真横にプレゼントBOXとお手紙BOX、奥にトイレ。キャパ数が少ないとはいえトイレの数がとにかく少ない。開演直前は男子トイレも使えるようになってた。そしてチケット受付のすぐ後ろに客席の入口がありました。トイレの並びに布で仕切られた入口があって、これは楽屋とか関係者控え室とかなんですかね?あそこまで雑な区切り方初めて見ました、、ドアぐらい作ってもいいと思う。Twitter見てたら当日券並んでると出演者の会話聞こえるって書いてあってびっくりした。

とにかくほかの劇場に比べてロビーが狭い。座るところもないんで、開演前にちょこっと食べようと思ってましたが無理でした。私の印象としては劇場というより小屋感が強い。

客席に入ってまず感じたのは、シートが小さい。劇場特有の!!って感じではなく普通の黒いイス。そして隣の人との距離が近い。あと客席の高さがない。今回前列で見たのでなんとも言えませんが、緩やかな坂というよりは階段みたいな勾配。何列かまとめて一気に段差がついているので、結構前の人の頭で視界が遮られる。前の列の座席の間に次の列の席置けばまだいいんだけどなあ🤔🤔🤔

 

【あらすじ(ぴあインタビューより引用)】

古い家に引っ越してきた少年マイケル(末澤誠也さん)は、崩れかけのガレージで“スケリグ”(浜中文一さん)と出会う。埃と虫の死骸まみれの服に捻じ曲がった身体…しかし彼の背中に奇妙なものがあることに気付く。両親が重い病気の赤ちゃんである妹にかかりきりのマイケルは、隣家の少女ミナ(渡辺菜花さん)と一緒にスケリグを助けようとするが――。 

 

【感想】

いや〜〜〜面白かった!!

まずさっきからずっと言ってる小屋感の強い劇場の雰囲気と作品の雰囲気が合ってる。そしてあんなに小さい舞台でセットの転換もほとんど出来ないのに、プロジェクションマッピングとか布とかいろんなものを効果的に使ってリアリティがある。ちゃんと学校に見えるしバスにも見えるし病院にもガレージにもなんでもできちゃう。すごい。

たぶん演出のウォーリー木下さんの魅せ方が上手いんだろうな。リューンとスケリグしか見た事ないけどいつかほかの作品も見てみたい!!

あと劇中歌?音楽?が好きすぎてがんばって耳コピしたんですけど伴奏がわからなさすぎるのでサウンドトラックほしい、、

以下一部出演者毎の感想!

文一くんについて!ゲネプロでも言ってたけど劇中で8役?とにかくいろんなところでいろんなところをやってて忙しそう。最初に登場するのが不動産屋のストーン役でしたが、アドリブだったみたいで2回目見に行った時全然違うことになってる!Twitterでつぶやかれてた笑ってはいけないスケリグってこのことだったのか。私の時は語尾に「〜ん」をつける人だったのでキャラもの見てみたかった(聞いてみたかった)あとゴーストもよーく見て見たら結構遊んでる(笑)サッカーやってるシーンとかボール勝手に動かしてクート怖がらせてたのが面白かった👻⚽

メインのスケリグ!最初は人と交流もしないし声も顔も怖いのに、だんだん優しくなって最後いい声でマイケルとミナを抱きしめてて胸熱。めちゃくちゃかっこいい( ;  ; )今までで文一くんが出演してた舞台見に行っても他に気を取られてあんまり印象に残ってなかったんですけど(すいません)声の出し方とか、食べ物食べてるところとかすごく芸達者だなって思いました。心揺さぶられた、、

 

末澤くんについて!とにかく出ずっぱり。原作本を読んだ時にこれスケリグってタイトルだけどマイケル主人公だよね???ってなったけど舞台になってもそのままだった(そりゃそうか)びっくりするほどセリフが多くてすごいの一言で表せないぐらい感動した。喋ってる感じが本当に10歳のマイケル。今回2日間見に行くことが出来て、1回目は最前ちょっと上手寄りのセンターで、2回目は前の方の下手で見たんですけどまあかわいい。1回目はスケリグとの絡み(下手側が多い)がほとんど表情とか見られなかったから漏れなく見られて最高でした( ;  ; )( ;  ; )マクナボラ先生のアドリブ、後半の方が激しくなってたみたいなのでもっと見たかったなあ。

 

渡辺菜花さんについて!今回初めて知ったんですけどすごくよかった。ミナで1番印象に残ってるのは、ミナとマイケルが初めて会話するところ。セリフ含めそこの空気感も好きだけど、なによりも立ち去る時のウインドチャイムとの相性!かわいらしさとちょっとミステリアス(普通じゃない!不可思議!)なイメージのミナに合っててよきでした!!病院のシーンでリウマチのおばあちゃん役もやってたんですけど、あそこでマイケルとETやっててかわいらしかったです。あとめちゃくちゃ目が大きい。羨ましい〜〜

 

奥村佳恵さん!まるちゃんの「マクベス」で密かに気になってた方だったからまた見られて嬉しかった!*1ミセスマッキーがほんと淀みなくウィリアム・ブレイクの詩を暗唱するのは圧巻。あとクートのどこにでもいる男の子感。ミナのことをバカにするシーンとかよかったなあ。

 

その他の出演者さんも素晴らしかったです( ; _ ; )これからまた別の舞台で見られればいいな!あわよくばまたスケリグやってほしいな!

スケリグカンパニー最高〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

*1:私の大好きな女優さんである池谷のぶえさんとTwitterでお話してたからどんな方なんだろうと思っていたところ、マクベスでやってたマクダフ夫人が儚いわお顔がものすごく綺麗だわで印象に残ってた

オタ活費から見たデビュー組とJr.の違い



先日こんなニュースを見た。

 

 

実際自分はどのくらい使っているのか。

 

そして私がJr.に担降りする前、かなり気になっていたことがある。

 

応援するのに一体いくらかかるんだ、、?


Jr.担のイメージって、怖いとか沼っぽいとか、未知数という言葉がぴったりだと思う。少なくとも私はそうだった。

実際現場に足を運んでみて、怖いなって思うファンもいるけどそんな人どこのオタクだって存在するし、まあ沼なのはどこだってそうだ。流動の激しさ、推され干されの明確さとかはデビュー組よりも厳しいけど、その分楽しさだってある。

 

ちゃんと降りてからは約半年、掛け持ちで引きずってるところを含めて約1年半お金使ってみた1人のオタクの記録。

こういった出費は個人差あるからなんとも言えないけどある1人の場合です。根拠の無い話はお断り!ってことで体感じゃなくてちゃんと計算しました。

 

【前置き】

学生。バイトはしていない。お小遣い制じゃないので過去のお年玉と年に1~2回ある親戚からのお小遣い(不定期)貯金を切り崩してオタクしてます。

【応援スタンス】

☆デビュー組→関ジャニ∞(丸山くん、まるひな)

・グッズは気に入ったものを買う(パンフとうちわは絶対買う、フォトセは買わないと決めている)

・ライブは1~2公演、舞台は1公演(自チケで行けるもののみ)

・雑誌は気に入ったものを買う

・CD、DVDは必ず1種は買うが、特典次第では複数種買う

・ジャニショは厳選して選ぶ

 

学生なら典型的なタイプだと思う。個人的にこれが限界でした。母もエイトが好きだったのでCDやDVDは相談して種類決めて買ってもらって一緒に見てました。複数種買う時は自己負担。雑誌とグッズは母がいいと思ったものは買ってもらいましたが、それ以外は自己負担。ライブも一緒に行っていたのでそこは有難いことに払ってもらえました。

 

☆Jr.→関西Jr.(末澤くん)、Snow Man(阿部くん)

・グッズは買える時は買う(オリフォ、ステフォは基本買う)

・ライブ、舞台は1公演(自チケで行けるもののみ)

・雑誌は表紙とかピンナップがついていたら購入検討、あとは気に入ったものや話題のものを買う

・CD、DVDは特典次第で複数種買う(自分が入ってない公演は買わない)

・ジャニショは個人全部、本人が写っていれば混合も可能な限り買う

 

だいぶ無理してる感じがあるから、少ねえ!!!!って思われた方いるかもしれませんがこれが限界。

エイトの時はグループまるっと好きだったので丸ちゃんだけに投資する!!とかはしてなかったです。好きだと思ったら買うし、いらないと思ったら買ってなかった。

Jr.(特に関ジュ)に関しては、最初は好きなシンメ(丈橋)とか正門くん、funky大好きだったから軽率にグッズとか写真とか買ってましたが、担降りを決めてから一個人への投資を大事にしようと思い直してお金の使い方を考え直しました。まあ何よりも人数多いからあんまりたくさんの人(気持ち的にも金銭的にも)推せないので、好きな人がいたらかなり無条件で買ってます。お金ない時はさすがに諦めたけど(小声)

Jr.に関しては理解がないのと、降りた時に自分で何とかしようと思ってコンサートとか舞台も自己負担して行っています。今回金額計算してみて愕然としました。まあ今年行けないから仕方ない。

 

【本題】

で、実際に私が今までかけてきたお金を比較してみました。

 

今回は2016,2017年の関ジャニ∞に使った金額の平均値と、2018のJr.に使った金額を比べてみます。*1

 

☆2016 計116805円

イフオアⅧ (チケット¥5500グッズ¥1800)

すソロ国技館(チケット¥7700グッズ¥1200)

元気DVD(¥7020)

スキャナー(¥2000)

マクベス(チケット¥9225グッズ¥3800)

罪と夏(¥4253)

リサイタル幕張(チケット¥8450グッズ¥6700)

パノラマ(¥1512)

リサイタルDVD(¥5500)

NOROSHI(¥1512)

なぐりガキ(¥1283)

エイタメ(チケット¥25350グッズ¥10200)

ジャニショ(40枚¥6400)

雑誌(¥3260)

FC会員費(¥4140)

 

☆2017 計77930円

破門(¥1000)

イフオアⅨ(チケット¥5500グッズ¥1800)

エイタメDVD(¥7020)

ジレッタ(チケット¥6000グッズ¥1800)

蜘蛛女(チケット¥9225)

俺節(チケット¥11324)

ジャム(¥3850)

エイタメジャム(チケット¥17040)

奇跡の人(¥1512)

泥棒役者(¥1000)

応答セヨ(¥1512)

ジャニショ(8枚¥1280)

雑誌(¥1807)

FC会員費(¥4140)

 

☆2018 計149242円

リューン(チケット¥8500グッズ¥1500)

滝沢歌舞伎(チケット¥13390グッズ¥2200)

KEN☆TackeyCD(¥5184)

サマパラ(チケット¥8340グッズ¥2500)

明日を駆ける 少年たち(グッズ¥3000)

少年たち そして、それから…(グッズ¥2400)

愛と青春キップ(チケット¥8500グッズ¥2000)

ラストホールドDVD(¥7020)

滝沢歌舞伎DVD(¥19000)

アイランド(グッズ¥1600)

スケリグ(チケット¥17080グッズ¥2250)

ジャニショステッカー(¥500)

ジャニショ(130枚¥20800)

雑誌(¥13494)

FC会員費(¥2640)

 

【結果】

まず個人的な感想として

思ってたよりお金かかってる。

さらに言うとJr.は外れて行けてない現場もあるから、全現場1回見られていたらもっとお金かかってた。エイトは遠征もしてたので交通費含めるともっともっとお金かかってる。

早く働いて親孝行しようと決意したのは言うまでもない。絶対初任給で高いお肉ご馳走する。決めた。

日頃の感覚から、Jr.はデビューしてないからCDとかDVDの出費が減ると思ってたらそんなことなかった。この原因として今回KEN☆Tackey滝沢歌舞伎を3形態ずつ買ったことが大きい。エイトでもライブDVDは1種しか買ってないから差が出なかったと考えられる。まあでも年間で見れば買う円盤の種類は少ないのかな。末澤くん出てるけどWESTivalは買ってません(自分がいた公演にはいなかったから)

何の出費が多いのか、円グラフでみてみた。

f:id:blood-bamboo86:20190218211914j:imagef:id:blood-bamboo86:20190218211923j:imagef:id:blood-bamboo86:20190218211954j:image

2016はリサイタルとエイタメ、2017は個人舞台が多かったのでグラフ見て納得。2018に関してはコンサートと呼べるものがサマパラしかなかったからこうなるのも納得。よく考えると松竹(行けてないけど)も事務所的には舞台扱いだから、チケット(舞台)の割合はどうしても高くなる。そしてグッズ代の占める割合はそんなに変化してない。

決定的に違うのは雑誌の割合だ。エイトでは2%だったがJr.では9%に変わっている。これはTVとかのレギュラーがあるわけじゃないから、「この時期の○○くんはこんな髪形だった」みたいな記録を残しておきたいがために買うからなのかなと。あと個人的に私がワニブックス好きでWINK UPすぐ買っちゃってたのも一因だと思う。エイトの時はTVガイド、テレビジョン、テレビジョンCOLORSが多かったが、Jr.は圧倒的WINK UPだった(たまにTVガイド、テレビジョン)

 

【総括※私個人の場合】

・デビュー組とJr.とで出費額にはそこまで差がない(むしろJr.の方が増えた)

・チケット代が半分を占める

・バックにつくJr.を応援してたら円盤にかける金額はデビュー組とたぶんさほど変わらない

・Jr.の方が雑誌にお金かけがち

 

色々考えさせられた。面白かった。

 

*1:何公演か手数料がいくらか不明だったのですべてが正確な値とは言えませんが、だいたいこんな感じってレベル